Total : 615, 40 / 41 pages
이 름   
노준환 2015-06-18 06:14:17
제 목    キリスト教の美しさ



神は聖徒たちに、この奥義が異邦人の間にあってどのように栄光に富んだものであるかを、知らせたいと思われたのです。この奥義とは、あなたがたの中におられるキリスト、栄光の望みのことです。”(コロサイ人への手紙 1章27節)


 キリスト教は人のうちで生きて脈打つ神の命です。それはあなたの中に住まいとされたキリストです。キリスト教はあなたの中であなたを通して生きて働く神聖です。 それは人間と生きておられる神との関係を示しています。

 キリスト教は決して宗教ではありません。宗教とは、神に対する人間の努力、すなわち神のもとに近づこうとする人間の方式と労苦です。その一方、キリスト教とは、人間の内で神が働かれることです。それは神性との一つとなる(oneness)という召しです。それは神と義の中で伴うことで、栄光と愛の優越な人生への召しです。コロサイ人への手紙1章27節は、あなた方の中におられるキリスト、栄光の望みと言います。それがまさにキリスト教です。キリストはあなたの中で生きておられます。

 ある時、誰かがこう言いました。「私はキリスト者となったのちから、今までとても宗教的です。」 いいえ!それはキリスト者が誰なのかに対して完全に間違って理解しているのです。キリスト者とは、神がその人の中に住まれる者のことです。彼は神様の本性にあずかった者、すなわち神と同じ類いの連合体です。これがキリスト者を卓越にされます。神は単に私たちと共におられ、私たちの内で生きておられることで満足せず、返って私たちの心すみずみに、神の住まいを置くために選ばれました。それがキリスト教の美しさと栄光です。キリスト教は、神の命があなたを通して生きているのです。それは人間の命の中で、生きたことばが明らかにされることです。

 キリスト教の本質は、つまり私たちが教会に通って、祈ること、福音を宣べ伝え、キリスト者としてすべきことを行う理由は、私たちが宗教を信じることに選択したのではなく、神の本性、すなわち神の命を受け入れたからです。それはイエスが私たちにもたらして来られたものです。イエスは私たちが永遠の命、すなわち屈服せず、確固で「汚染されることがない」神の命を受けるのを可能にされました。「そのあかしとは、神が私たちに永遠のいのちを与えられたということ、そしてこのいのちが御子のうちにあるということです。御子を持つ者はいのちを持っており、神の御子を持たない者はいのちを持っていません。」(Iヨハネ5:11−12)

告白
私は神様と同じ種類の連合体であり神様の栄光の輝きで、主の慈しみを分かち合う者です!私は神様の相続人でありキリストと共にした共同相続人ので、世界は私に属したものです。私の中におられる方が世の中にいる者よりも大きいからです。神様に栄光をかえします。

参考 聖書
詩篇 87章2節3節
ヘブル人への手紙 12章22節24節





번호 제목 작성자 작성일 조회수
30    대화를 파괴하는 무기들  노준환   2015/06/15  191
   キリスト教の美しさ  노준환   2015/06/18  338
28    기쁨으로 충만하십시오  노준환   2015/07/02  262
27    하나님의 사역자들을 존중하는 것  노준환   2015/07/11  291
26    계속해서 진보하십시오  노준환   2015/07/17  223
25    복음의 메시지를 믿으십시오!  노준환   2015/07/24  227
24    新しく生まれ変わること宗教...  노준환   2015/12/04  111
23    거듭나는 것은 종교를 능가합니다  노준환   2015/12/04  156
22    神様は生の言葉で語られる  노준환   2015/12/05  129
21    하나님께서는 “영의 언어로” 말씀하십니다!...  노준환   2015/12/05  197
20    内的な証拠  노준환   2015/12/09  145
19    내적 증거  노준환   2015/12/09  225
18    福音の力  노준환   2015/12/15  110
17    복음의 능력  노준환   2015/12/15  139
16    霊によって生きましょう  노준환   2015/12/21  164

[PREV] [1]..[31][32][33][34][35][36][37][38][39] 40 ..[41] [NEXT]

   
Copyright 1999-2024 Zeroboard / skin by suby